« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月26日 (月)

見て下さーーい☆

以前紹介させて頂いたRESUTAURANT HAJIME

まだ一年経たずして、食べログ2008年の大阪レストランランキング1位
美食家、来栖けい氏にも素晴しいコメントを頂き、
自分の世界を表現し続けるべく、まだまだ探求し続けるシェフの下、
独自の世界を創り続けているフレンチレストラン。

こちらのステキなHPがオープンしました。

私もBIOGRAPHIESのEquipe de decorationの中で紹介して頂いてます。

よろしければご覧下さい~~~m(_ _)m








| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

チェ・ゲバラというひと。

小浜・・・じゃなかったオバマ氏が大統領就任しましたね~~。
世界中の人が注目していた就任式には200万人!の人が集まって、
いやほんとにスゴイ。

会場の黒人のおじさんが言ってました。
「息子が将来大統領になりたいって言っても可能になった!こういう歴史的瞬間に立ち会いながら息子が成長していってくれることが嬉しい。」

そんな期待を一心に背負ったオバマ大統領がこれから一体どう変わっていくのか、
本当にアメリカが変われるのか、注目したいですね。

パレードでは奥様と手をしっかり繋いでちゃんと車から降りて、観衆に手を振っていました。
奥様の黄色いスーツはキューバのデザイナーが作ったもので、キューバの国交を良くすることを念頭に置いているオバマ大統領の思いがここにも表れているって解説がありました。


http://jp.youtube.com/user/gagamovie

はい、観てきました。「チェ 28歳の革命」
チェ・ゲバラのキューバ革命成立までのストーリー、
1月31日から公開される第2部はキューバ革命成立で得た地位などすべて捨ててゲリラ活動をし、最後銃殺されるまでを描いた「チェ 39歳別れの手紙」。

Ts_mrfn_53s_2 Tシャツのモチーフでよく使われているゲバラ。
原宿なんぞの若者の方が彼のこと、詳しいのかもしれません。
ジョン・レノン曰く「あの頃、世界で一番かっこいい男だった。」
フランスの哲学者サルトル曰く「20世紀で最も完璧な人間だった。」
そんなチェ・ゲバラという人のお話。

この映画で、キューバとアメリカの歴史を少し垣間見ることができます。

そして、このゲバラが本当にかっこいい。
ゲリラ部隊として進む最中も、医者である彼は訪れた先では貧しい農民たちの治療を行い、部隊の中では仲間に加わった貧民にも学問を教えていく。
彼自身も毎日、日記を書き、本を読んでいる。
愛あふれる革命家。

「我々はどこにも屈しない。アメリカにもソビエトにも。正しい道を進むだけだ。」

生前、日本に来たとき、広島の原爆ドームを訪れたゲバラは
「アメリカにこんな目にあわされて、なぜ、あなたたちは平気なのだ。」と言った。




日本にもこんなリーダー、現れないだろうか。






 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

あなたの住まいは大丈夫??

新年一発目の日記です。

なので遅ばせながら、皆さん

あけましておめでとうございます!!
本年もどうぞ宜しくお願い致します~~~~happy02


ということで。

昨年末ぐらいに、NHKで活断層の特集番組がありました。
そして、昨日、またまたそんな番組があったので、久々に日記に記そうと思いました。

そもそも、活断層ってなんだろう、ということで、ウィキペディアから引用してみると、

今後も活動を継続すると考えられる断層を、特に活断層(かつだんそう、active fault)と呼ぶ。活断層では地震が過去に繰り返し発生しており、また今後も地震が発生すると考えられているため、活断層の活動度の評価は、そこを震源として発生する地震の予知に役立つと考えられている。


日本には活断層も含め、約2000もの断層があると言われています。
その断層が動くことが地震の主要因と考えられています。

その断層がマップになったものがネット
http://riodb02.ibase.aist.go.jp/activefault/index.html
で出ていたり、地図として販売
http://net.jmc.or.jp/map_aerialphotograph_geology_katsudanso.html
されていたりします。

今の住まいの下にもしあれば、気になる方は引越しするか、出来なければ、運を天に任せるしかないのですが、
これから一戸建の住宅やマンションやビル等を購入検討される方は、是非この地図を参考にされると良いと思います。
(現状では、ネットの地図より販売されている地図の方が分かりやすいです。今後もっとネットの地図もより詳しく公開されていくのかもしれません。)

海外では、活断層の上に住宅などを建てないよう規制したりしているところもあるそうで、日本はそれがない。
国が知っていて今まで知らないふりをしていたとなれば、これは裁判沙汰となる大変な問題だと思うのですが・・・
例えば大阪にはど真ん中、南北貫く大きな断層があったりします。

昨日のテレビでは、とある小学校の校舎の下に活断層が通っていて、校舎の築年数も古いことから、活断層の通っていないグランド側に建築しようと考えているという小学校が取り上げられていて、今後こういうことは、どんどん増えていくだろうと思いました。


あなたの住まいは大丈夫ですか??




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »