« 東學 墨画展 「天妖」 | トップページ | RESTAURANT GASTRONOMIQUE Hajime 2 »

2008年7月 8日 (火)

雑誌に掲載されました^^

Cimg9391Cimg9392








「リシェ」という雑誌(京阪神限定)に掲載されました。

RESTAURANT GASTRONOMIQUE Hajime
~レストラン ガストロノミック ハジメ~


大阪は肥後橋に、5月半ばに誕生した、フレンチレストランです。


シェフはフランスの名店、3ツ星で有名なミシェルブラスで修行した
実力派。
料理はミシェルブラスを思わせるような、一皿一皿が色彩豊かな
絵画のよう。。

ガストロノミーとは、シェフオリジナルのフレンチ、Hajimeというブランド
料理ってことですね。
イタリアンが多い大阪で、フレンチといえばビストロ(最近では高級な
ビストロもありますが、ビストロとはお手軽な、小さなお店という意味)
が主流、その中で、あえて真っ向勝負に出た、本格派フレンチです。

「大阪から世界に発信できるレストラン」

をコンセプトに、味、サービス、空間に至るまで、そのコンセプトは
隅々まで染み付いていると思います。


ちなみに私は、こちらのインテリアデザイン、設計、家具、カーテン、
備品に至るまですべて、担当させて頂きました。

大きくこだわったのは ( 他にも色々ありますが ) 、以下4点です。

1. 一皿一皿が絵画のような料理を、存分に楽しんで頂きたい
2. 女性を美しく見せる空間
3. 非日常を味わって頂く、特別な空間
4. 温かみのある空間


そうして、シェフの色んな、沢山の思いが全てつまったレストランは、
散々悩んだ挙句、全て削ぎ落とすデザインとなりました。
詳しく説明すると

1. インテリアで使用する色を極力抑えました。
  色は料理の中に、ありとあらゆる色が出てきます。
  照明の効果で、1つ1つの料理を照らし出しています。
    美術館で一枚一枚、絵を鑑賞する感じです。

2. 間接照明、特にソファの後ろから出る光にこだわって
    います。
  女性は是非、ソファに座って頂きたいです(笑)

3. フランスには、インテリアの素晴しい建築が沢山あります。
  そういう場所に行くときは、自然にお洒落して出かけようと
    いう気分になるし、背筋も伸び、歩き方も気になり、居住い
    も自然に美しくなるように思います。
  レストランハジメは、そういう場所であって欲しいと思い
    ました。
  でも、ここは日本。Hajimeから発信するフレンチです。
  なので、ヨーロッパ的なデコラティブな建築でなく、侘寂の
    世界を表現したいと思いました。
  Hajimeの料理に通じる世界観です。

4. ただのシンプル・モダンなインテリアでは、あまりにも殺伐
  
になってしまうので、素材を厳選しました。
  木材もふんだんに使用しています。
  居心地が良く、気が付いたら「あっ!もうこんな時間!?」
  というのを狙っています(笑)



シェフ、スタッフ、私達裏方の皆々の努力と想いが、た~~っくさん
詰った、 溢れるレストランです。

実際行って頂いて、その料理を視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚で
感じて、優しいスタッフの笑顔のサービスを受けて、非日常の空間
で特別な1日を少しでも感じて頂ければ、これほど嬉しい事は
ありません。

是非、一度、体感してみて下さいm(_ _)m



RESTAURANT GASTRONOMIQUE Hajime
http://r.tabelog.com/osaka/rstdtl/27015488/

内装はコチラ!
http://r.tabelog.com/osaka/rstdtlsight/27015488/



 

|

« 東學 墨画展 「天妖」 | トップページ | RESTAURANT GASTRONOMIQUE Hajime 2 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

わぉ〜!!!
トータルプロデュースだなんてすごい!!!!
見てみたい&味わってみたいな〜♪
雑誌、京阪神限定とは残念です。。。
今度お会いする時に是非見せてください☆

投稿: mag | 2008年7月 9日 (水) 08時37分

わぉ!!!
magちゃん、ありがと~♪
是非、magちゃんにも見て&味わって欲しい~~!!!
料理は本当に美味しいです!!
次回、全国版の「あまから手帖」「料理天国」に掲載予定です。
そのときは、こちらのブログより、またご報告させて頂きます。
宜しくです~~~m(_ _)m

投稿: ushio | 2008年7月 9日 (水) 12時07分

お邪魔するまで見ないでおこう!なんて思っていたのに!!!!(笑
見てしまったあああああっっっ!!!!
シャンデリア♪かなり好きです^^
いいカンジに仕上がってるねwww♪♪
お店に伺うことをとてもとても楽しみにいたしておりまするwww♪

投稿: ばび☆ | 2008年7月 9日 (水) 20時43分

ありがとうぉぉwww♪
お楽しみを奪ってしまって、ごめんなさい!!
でも!
ばび☆ちゃんに気に入って頂けると、超嬉しいwww!!!!
是非、次回参りましょう^^

投稿: ushio | 2008年7月 9日 (水) 23時08分

はじめまして。
mixiのあしあとから来ちゃいました。

手がけられたインテリア素敵です。
自然にオシャレして出掛けたくなる場所を一つのコンセプトになさっているのが、納得できます。

フレンチにプチアジアン+カフェ要素を融合した雰囲気に感じました。

パリで行ったビストロとも違い、momoさんのセンスが光ってますね。

投稿: のむさん | 2008年7月12日 (土) 21時32分

あわわ。。は、はじめまして!!

温かいコメント、ありがとうございますwww^^ゞ
のむさんのように言って頂けると非常に嬉しいです。

のむさんのモロッコのアマンジェナの日記を読ませて頂いてたんです。
一度泊まってみたいですww、アマンジェナ!!

ヨーロッパでは、大人が子供を預けてでも、夫婦でドレスアップして非日常な場所へ行ってデートしたり、大人が楽しめるステキな場所って沢山あるように思います。
パーティもよくされますし、遊び方が上手というか、楽しみ方が上手って言うんでしょうか。。。

日本も20代の人達ばかりの遊び場ばかりでなく、大人が楽しめるような場所がもっともっと増えてもいいのかなって思います。

団塊の世代も定年迎えますしね。
そういう人達も楽しめる、そして働けるような場所がもっと増えると、私達の世代の負担も減りますしね^^
日本も活気付くと思うんですすけど。。

あぁ、スミマセン、話がそれちゃいました。。

是非、大阪にお越しの際は、お料理も味わってみて下さい。
美味しいですよwww♪

投稿: ushio | 2008年7月12日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040224/22163764

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌に掲載されました^^:

« 東學 墨画展 「天妖」 | トップページ | RESTAURANT GASTRONOMIQUE Hajime 2 »