« 歩きたばこ禁止!? | トップページ | 東學 墨画展 「天妖」 »

2008年5月26日 (月)

明石 壺中庵

西宮から電車で神戸を抜け、明石大橋のある瀬戸内海を横目に、ひたすら西へ西へ・・・

久々に行ってきました、明石 壺中庵。

Image071

Image075_2

Image078Image073Image072   







門を一歩くぐると、そこはもう別世界。
手入れの行き届いたお庭の踏み石を渡り、つくばいで手を清め、
日本建築の素晴しいお茶室に入ると、その静寂さに背筋もシャキっとなる。

そう、ここは茶道教室をされている伊原宗静先生のお宅であります。

先生は茶道歴50年以上、茶道一筋の人生。
先生からは茶道技術は勿論、茶道を通じて、人としての思いやりの心、感謝の心、生きる為の知恵、創意工夫等・・・もう本当に、本当に色んな事を教えて頂きました。
仕事の多忙さで、暫く茶道から遠のいていた私、2年ぶりに遊びにやって参りました。

2年ぶりでしたが、全く変わっていなかったどころか、お庭の美しさなんて更にパワーアップ!!恐るべし、日本建築。全てが本物だからこそなんでしょう、年数を重ねるごとにどんどん美しさを増していく、本当に感動しました。

久々にお会いする先生、そばでずーーっと支えていらっしゃる、素晴しいご主人様は、とてもおもてなし上手。美味しいお酒と共に、今宵、にぎり寿司パーティ、お話も大変盛り上がりました!!

そんな先生がおっしゃいました。

家はお金を生まないといけない―
これはお金を稼ごうと言うのではなく、人が集い、交わることでお金以上の価値が生まれるということなんですね。なので、この壺中庵も小学校等の生徒さん、海外からの留学生、明石市やお弟子さん、色んな方々に開放されておられます。
2年前よりもさらにその活動は広がっているように思いました。
そのパワーの源は、先生、常に目標を持っていらっしゃるとのこと。
「失敗してもいいの、叶わなくったっていいの、何か目標を持って生きる、それが人生楽しくするし、長生きの秘訣よ~~~~」

本物の建築で、素晴しいお茶道具、器、生花、掛け軸を愛でて、四季の移り変わりを楽しみつつ、先生のお話を聞きながら、茶道技術を学ぶことができる、ここは本当に素晴しい茶道教室です。

私も早く仕事を落ち着けて、一刻も早く茶道を学びに戻りたいと思いました。

明石 壺中庵 http://www1.ocn.ne.jp/~kochuan/index.html

|

« 歩きたばこ禁止!? | トップページ | 東學 墨画展 「天妖」 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

みたよぉ~。

投稿: じょね | 2008年5月27日 (火) 09時29分

サンキュ☆
また、遊びにきてね!!

投稿: ushio | 2008年5月27日 (火) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040224/21181664

この記事へのトラックバック一覧です: 明石 壺中庵:

« 歩きたばこ禁止!? | トップページ | 東學 墨画展 「天妖」 »